ノズルネットワーク株式会社 ノズルなんでも相談室

 感水紙解析専用ソフトウェア    のご案内


これまで目視感覚や手作業、あるいは専門の機関に依頼していた感水紙の解析が、ご自分でできるようになりました。農薬を散布するときに、感水紙を任意の場所に設置し、液滴が付着して変色した感水紙を回収後、すぐに飛散農薬残留濃度(ppm)が推計できます。
(「まいAの〜ど」は、感水紙解析サービスの「Aの〜ど」と同様の解析ができます。詳しくは「Aの〜どのご案内」をご参考下さい。)

感水紙解析専用ソフトウェア まいAの〜ど





「まいAの〜ど」は2通りの操作選択ができます。
簡単、迅速優先の解析はオート設定で、ハイレベル、高精度解析はマニュアル設定をお選びください。
いずれも簡単なパソコン知識があれば、即ご利用になれます。







まいAの〜どの資料請求      



      まいAの〜どの資料請求


« 戻る Page Topへ